五藤 隼登さん

慶應義塾大学 理工学部

実践の場で、将来にも活かせる論理的な力を養うことができた

将来的に英語を使った職業につきたいと思い、海外インターンシップに応募しました。ファイバー研究をしている会社でのインターンシップでしたが、仕事場は国立研究所でした。研究所では現地の大学院生ばかりが働いており、学部生である自分が共に働けたことはとても幸運でした。
インターンでは、文化や言葉の違いを感じ学べたことはもちろんですが、実験内容の構想時の考え方や、失敗の活かし方について学ぶことができたことは大きな収穫でした。実践の場で得た論理的な力は、今後も応用していける貴重な学びだと思います。また、実際に働いてみたことで、英語が話せることはもちろん、自分の専門性をいかに強く持っているかということが大切なのだということにも気づくことができました。